profile


インスタで何となく今制作中のものが見られたりします

このサイトはが管理しています
リアルアイのお人形やランジェリーを扱っておりますので
閲覧にはご注意ください

ユノアは荒木元太郎氏の原型製作作品です
カスタム、アウトフィットの制作はこのサイトの管理人であるawonoriが行っています

ご連絡は以下にお願いします
infoアットマークawonori.net

心にうつりゆくよしなしごとを
twitterに書きつくるなり。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

あをのりゆかた

ゴフクヤサンドットコム(居内商店)さんにて、あをのりゆかたキットが発売されました。
上級者向けとなっておりますが、予め柄合わせをして合い印を入れてあるので、線に沿って6つのパーツに切り分け、ロックやジグザグミシンで端処理をしたら、あとは縫うだけです。ペーパークラフトとか、プラモデルみたいなものですね。居内さんも仰っていますが、通常の反物から仕上げるよりはずっと簡単です。
現在3柄ですが、たまに新柄が投入されたりすると思うので、その都度ご紹介いたします。
デジタルプリントの特徴として、一枚ずつ細かい設定ができるので、フキ(ふつうは単の着物にはない見せかけのフキ)と裾のくけるところに表とは違う柄を入れて、着て動くと色が見えるように設計しました。おもしろい効果があらわれるとともに、その線にそってアイロンをかければ三つ折りもしやすいです。
ゼヒゼヒ縫ってみてくださいね。

ゴフクヤサンドットコム あをのりゆかた

 




 

大きなバッグ

    

そうそう!こういうの!こういうバッグが欲しかったのーん!!
特に左の。ありそうでないデショ。荷物がたくさんいりますからな。

ジェルネイルのススメ



これは今月のネイル。短いけどチップを足してます。

2ヶ月ほど前に初めてジェルネイルというのをやってもらいました。
ジェルネイルとは爪にジェルを塗ってUVライトで固めるものですが、
よく似ているカルジェルやバイオジェルとは違って、とても固く透明感があり、家事や手先を使う作業をしても傷が付きにくいという特徴があります。
また、チップをつければ長さも欲しいだけ足せます。
爪が伸びてくればお直しできますし、表面のデザインを削り取れば違う色や柄を乗せられます。
一度チップを乗せると2、3度使いまわせるのと、それ以降は伸びてきた自爪に盛れるので、爪が弱くて伸ばせないけど長さを出したい人や、結婚式やパーティのおよばれ時でもすぐに煌びやかなネイルが出来て超便利!
変色もしにくく(少なくとも次のお手入れ日までは変化なしでした)一月に一回、一万円くらいのサロン通いですみます。
その代わりカルジェルやバイオジェルとは違って溶液では落ちないので、サロンで削り落としてもらいます。
でもサロンに通うわけだから、そこはあまり気にしないでいいかも。

昨日は、前回の担当の方とは違う方に施してもらったのですが、ベテランさんのようで私の爪とジェルの特徴について色々とお話をしてくださいました。
とにかく私の爪は薄いそうで、乱暴にバッファーをかけるとその下の神経が刺激されるみたい。どうりで痛いわけだ。
UVで固めるとき(反応で熱が出ます)も熱い熱い・・・
しょっちゅうランプから手を出してあちーあちーやってました。
色数はネイルポリッシュほどは多くありませんが、上からポリッシュも塗れるし、ピンクは充実しています。
あと、ラメやストーンは中に埋め込めるので、キラキラしてても表面は滑らかに仕上がります。
根元はクリアで爪の先にグラデで色を入れると伸びてきてもわかりづらくていいですよ。
あと、気持ち短めに作ってもらったほうが後々過ごしやすいです。(長ければ自分でやすってもいいです)
案外デコデコさせてもお値段はあまり変わらないので、チップつけてギラギラのデコデコにするのも楽しい。

ほんと、お手入れが全然いらないのがすっごくラクでいいわ〜。
溶剤のニオイもないし、いつも爪はつるつるぴかぴか。
お出かけの前にあわててマニキュアしなくてもいいんですよ。
ものぐさな人にこそおすすめ!

私が行ってるサロンは神戸のディアネイルです。
学生さんやお若い方にはシュガーレイがいいかも。

ネイルの種類についてはこちら

ちなみにこれが前のネイル。こんなに長くても慣れればミシンがけもできます!
私の手は関節がごつごつしているのですが、ちょい長めのラウンドにしてもらうとほっそり見えました。
指が短い人はラウンドとポインテッドの中間くらいがいいかも。




この技術を応用してユノアのアイができないか考え中・・・



アンブリオリス



これ知ってます?
アンブリオリス下地クリーム。
ソニプラをはじめ、結構色んなところで見かけるので気になってました。
何年か前にtomoyanが「ニベアみたいなもの」と言っていたので、てっきりニベアみたいな匂いなのかと思って買わなかったんですが、乾燥の季節が近づいてきたので購入しました。
私が買ったのはより乾燥肌向けのフィラデルムのほうです。
匂いはニベアほどではありませんが、化粧品っぽい感じです。
今は化粧水をリーフ&ボタニクスのモイスチャータイプに、その上から同ラインのウォータージェルを使用しておりますが、それにプラスしています。

ここ数年、ヴェレダだのオーブリーだの、オーガニックがなんちゃらっていうのを使ってたので、成分表示はちょっと気になりましたが、とりあえず1本使ってみることにしました。
ハーブ系に慣れていると、この匂いはきつい・・かも。香りの質が違うから。
普通の化粧品を使っている方はなんにも気にならないと思います。
肌に伸ばした感じは、ちょっとで結構伸びるけど、ハンドクリームを塗ってる感じかなあ。
私はベタッとした感じが好きなので気になりませんが、ウォーターベースのクリームが好きな人には向いてないかもです。
ちなみに、そろそろ朝起きると顔が乾燥してカタくなってましたが、これを使ってからは辛うじてふっくらしてます。
おフランスからやってきたので、日本製よりは安全性が高いかな〜?
気分の問題ですが。

あと、なんといってもコストパフォーマンスが高い高い。
これ1本で、私なら半年以上保ちそうな上に、保湿クリームとしても、メイク下地としても使える勝手の良さ。
肘や膝に塗っても良し。
ソニプラ限定でボディクリームやリップクリームもありました。
倍以上のお値段のブランド化粧品と並べても引けをとらない保湿性だと思いますよ。



ヴォーグ

VOGUE NIPPON (ヴォーグ ニッポン) 2007年 11月号 [雑誌]
VOGUE NIPPON (ヴォーグ ニッポン) 2007年 11月号 [雑誌]

今月のヴォーグにはマークジェイコブスのオマケがついてました。
パラパラとめくっていたら、なんか見覚えのある・・ボークス?
今月号はエナメル、レザー、チェーンなどフェティッシュなものにフォーカスしているのですが、その中のグラビアの企画にスーパードルフィーとモデルを合成させたものがありました。
モデル、なんだけど球体関節、ヘッドはドールのものになっていて、ドルガバのメタリックなドレスなんかを着こなしているのです。
同じ切り口でも、オタクっぽいところや日本の輸出産業としてのドールにスポットを当てた記事なら今までたくさんあったと思いますが、純粋に人間のファッションフォトとしての内容で、しかもあのヴォーグが取り扱うとなると、これはエライことだと思いませんか。
これから人形趣味文化がどのように発展するかはわかりませんが、少なくともヴォーグの読者には認識されたことでしょう。
値段見て十中八九「高ッ」と思う筈ですが・・・
今後こういう企画があれば、是非荒木ドールを使用してもらいたいもんですな。
あえてアニメ顔のほうが面白い仕上がりになると思います。

私がユノアを手にしてからの4年間だけでもドールの需要と供給は目まぐるしく変化してきました。
樹脂製の球体関節人形といえば初めはボークスだけでしたが、海外からもいろんなメーカーが生まれ、サイズも様々、子供の外見のものから、少女、成人男性、さらには動物のものまで、多種多様です。
私はユノア以外はあまり詳しくありませんが、こうして色々なニーズに応えることで裾野が広がり、文化として確立すれば面白いなあと思っています。


香水瓶集め

かわいい瓶が好きで、いろいろと調べているのですが、なかなか素敵な瓶にはめぐり会えません。
フィフィのフレグランス瓶はかなりかわいいのですが、オバハンのニオイがしてクサイので、出して飾ることが出来ないんです・・(箱を開けるだけでくさー)
この瓶にはかなり思い入れがあって、これを買うためだけにフランスへ行って、閉店間際のラファイエットを半泣きで探し回ったといういわくも付いています。
シュコシュコするポンプもついてるんですよ。マリリンモンロー気分。

かわいい瓶といえばロジーヌ・パリもたまりません。
ローズの香りは好みではないので、シトラスブレンドならいいかなあ。
大阪の高島屋東館別館で見かけました。

ペンハリゴンは1、2年前に初めて大阪に取り扱いショップができてすごく嬉しかったです。
それまでは英国展でしか見られなかったんです。
ラベンダーベースのラバンデュラが好きです。
瓶といい、箱といい、全てが完璧です。

アニックグタールの特別な瓶もたまりませんなあ。
これはオペークオオサカで手に入ります。

バーニーズニューヨークがあればいっぺんに揃うのだけれど、大阪には銀座に並ぶほどの場所はないですからなあ。

どうもタッセルが好きなようです。
ふさふさがぶら下がってるところがいいのね。



atri!



先日も登場いたしましたナナイロエンピツのウラモトユウコさんがイラストを描いてくださいました。
おしゃれスパイ?
なんて目立つスパイなんだ!

コートに色がたくさんあるよと申し上げたところ、それは戦隊ものみたいですねと仰った。
おしゃれ戦隊おしゃレンジャーか。キとるのう。
もちろん黄色はカレーが好きだけど、インドじゃなくてタイカレーなの。
デザートはマンゴー。

ジーザスディアマンテ

HEP NAVIOには好きなお店が沢山入っているのですが
ジーザスディアマンテのお姉さんのアタマはいったいどうなっているのだろう・・・
くりくりくりーもさもさーかーっわいー
ちょっとファラオっぽいよね・・?
いや、でも欲しい。カツラでいいから欲しい。

今日はお友達が増えた。
うれスィ。

リリー

SPUR (シュプール) 2007年 05月号 [雑誌]
SPUR (シュプール) 2007年 05月号 [雑誌]

あら!またリリー祭り?


ジェマ・ワード

しばらく力尽きていました。


SPUR (シュプール) 2007年 04月号 [雑誌]
SPUR (シュプール) 2007年 04月号 [雑誌]

MAQUIA (マキア) 2007年 04月号 [雑誌]
MAQUIA (マキア) 2007年 04月号 [雑誌]

先月はリリー・コール祭りかと思ったら、今月はジェマ・ワード祭りです。
彼女こそ現代のドーリーフェイスのトップアイコンですよね。
うーん、ブキミカワイイ。

| 1/3PAGES | >>