profile


インスタで何となく今制作中のものが見られたりします

このサイトはが管理しています
リアルアイのお人形やランジェリーを扱っておりますので
閲覧にはご注意ください

ユノアは荒木元太郎氏の原型製作作品です
カスタム、アウトフィットの制作はこのサイトの管理人であるawonoriが行っています

ご連絡は以下にお願いします
infoアットマークawonori.net

心にうつりゆくよしなしごとを
twitterに書きつくるなり。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

categories

archives

links

search this site.

others

mobile

qrcode

ベヨネッタ

強い女好きの私にとっては、コレはたまりませんなあー。ベヨネッタ。(ゲームです)
メガネ、黒子、ハイヒール、ラバー、黒髪、プリケツ、挑発的なポーズ、ドS、けしからん!実にけしからん!
「ベヨはね、常に美しくないと駄目なんだよ!!己の体から流れ出た血ですら魔力でバラの形にするんだよ!」(←ダメージ判定でバラのエフェクトが出る)
あああ・・。セカンドさんの換えフェイスにこういうイヴィルフェイスがあればなあ・・・。キンキンのラバー着せたい。い、いや、Cool girlで発売されたら・・・

ゲーム自体は爽快アクション系、私には難しい、かと思いきや、イージーモードで自動回避機能をオンできるらしく、アクションのニガテな人でもテンポ良く楽しめるっぽいです。
でも自分だったら、動くベヨ姐さんばっかり見てしまいそう。
天使のケツを蹴りまくって断頭台にブチ込んで首を跳ね飛ばす(開発者談)のに、ベヨ姐さん、香水のいいにおいがするらしいんですよ。ムハーッ。


ベヨ姐さんみたいなアンチヒーロー(ヒロイン)が昔から好きなんです。
ストーリーも、悪魔を使役して天使を倒すとか、神が人間を害悪認定して滅ぼさんとするところを、魔女とか、悪魔の末裔が救ったり、天使は人間にとっては悪魔じゃん、っていう展開が好きです。
女神転生好きですねー。でもCHAOSに偏る事はなくて、LOW寄りのNEUTRALですね。だからこそCHAOSに憧れるのかも。

どう森

うわー!クロネコのキャビアが引っ越してしまったー!
たぶんこの前通信したから、そっちの村へ・・・

私、ネコのユートピアを作ろうと思っていたのです。
だからネコには超話しかけて、超贈り物とかあげて、超大切にしていたんです。
それなのに、それなのに。
ゴリラとか、明らかに可愛くない村人には話しかけない、それどころか押して怒らせるを繰り返し、この村にはいられねえ、出ていってやると言い出すのを期待していたのに、先にネコが出ていきますか!

哀しい。
自己嫌悪に陥りつつ、今日はもう寝ることにしよう・・

はうーん

大神(OKAMI)
大神(OKAMI)

か・・かわいい。
かわいすぎるよ大神
ジャンルはネイチャーアドベンチャーだそうですが、迫力のある戦闘シーンも出てくるので、自分にプレイできるのだろうか・・

美しい自然を取り戻す。それが神である主人公「アマテラス」の目的です。
人々と触れ合い、願いを叶える。自然の中で逞しく生きている動物たちと触れ合う。そして、世界を荒廃させている妖怪たちと戦う。
アマテラスが大地を駆け抜けた後には、美しく平和な大自然が、足跡として残るでしょう。
和紙や筆といったアナログで暖かみで表現される、美しい情景に心癒される大冒険。
それがネイチャーアドベンチャーゲーム「大神」です。

開発会社クローバースタジオのサイトで壁紙もらえます。

ookami

先にも書いたとおり、女神転生ではオルトロスだの、アヌビスだの、犬系悪魔ばかり集める自分でありますので、わんこを操作できるこのゲームはまさにうってつけの上、ファイブスター物語12巻が発売になった今、脳内は大盛り上がりでして、ファイブスターの主人公アマテラスと、このわんこの名前が同じというだけで、何かわからない興奮を覚えます。
おまけにメガテニスト(いや、そこまでは)の私には、神や妖怪の名前はお馴染みなので、妙に親近感が湧いたりします。

買おう・・

よその村へおでかけ

どうぶつの森で、はじめてよその村へお出かけしました。
そこで驚いたこと・・
人によって村の作り方が違う。性格が表れるのだ。
いちばんびっくりしたのが、そのよその人はお花をぴっちり植えているということ。
碁盤の目状に色違いできっちり地面を埋めるという丁寧さ・・なるほどいわゆるA型気質って奴か。
一方私はというと、典型的B型でして、適当な場所に、適当な色で植える。てきとー。何も考えてはおらん。

部屋の中も全く違う。
そのよその人は、部屋ごとにテーマを決めて、家具をシリーズで集め、まるですぐに住めるかのごとくレイアウトしておられた。
うちはというと、フリマで高く売れるからという理由で、鑑定前の化石がそこらへんに転がしてあるという始末・・
実に恥ずかしかった。

しかし、よそのむらへ遊びに行くのはおもしろい。
オレンジを強奪してきました。へへへ。

どうぶつの森

見てくれこの床紙を!
良いサクサクだろう。


ps2白

数日前にゲームの記事を書いておきながら、実はうちにはps2がなかったんですよ・・・
お誕生日にでも買おうかなと思っておったところ、白いのを貰えることになりました〜。
うおお、これで葛葉ライドウがプレイ出来る!

と喜んだのも束の間、プレイしっぱなしで放置してあるテイルズオブシンフォニアを最後までプレイするのが条件だと・・・
中盤までは何とか進んだのですが、主人公のカラ回りする熱血ぶりと、クラトスがパーティから抜けたのとで、正直あんまり面白くなくってついつい放置してあります。
うう、なんてキツイ条件なんだ。

ゲームをプレイするために、ゲームをクリアーしなければならない、ちょっと面白い。

デビルサマナー・葛葉ライドウ



デビルサマナー葛葉ライドウ 対 超力兵団!

大正二十年、帝都 ―

明治維新後の文明開化により、かつて江戸と呼ばれた街は急速な近代化を推し進めていた。人々の暮らしは激変し、新しい時代に順応して富を得る者と、古い考えに固執して困窮する者とに大別された。様々な人々の情念が渦巻く帝都はもはや、様々な怪異を生み出す“魔都”と化したのであった

十四代目葛葉ライドウ、帝都にはびこる怪異に立ち向かう!

最近では近未来の設定が多かった女神転生シリーズですが、今回は大正、ちょっとレトロな設定ですなあ。
デビルサマナーから何年経つのか、あのころは寝るのも忘れて夢中でプレイしたものです。
地元からお友達がわざわざ訪ねてきたというのに、ソウルハッカーズに夢中で、すまん!あとレベル1上げてから!ってさあ、電霊ムーウィスが倒せなくて、ネミッサを炎タイプにしててなあ・・ジャンヌダルクすげえ役に立ったよ。最後まで連れて歩いたよ。カジャ系も持ってたし。
ハッ、こんな話をするつもりではないのだった。

今までのシリーズのキモであった悪魔合体は、今回はあまり注目されておらず、最近人気のリアルタイム相性バトルと仲魔を使役した捜査が攻略の要となっているようです。そういえば悪魔も今までのデザインを立体にしたのが多いけど、新しいのも増えてるのかなあ。オボログルマ気になる。
ラスプーチン出ちゃうかー。ペルソナん時はアグリッパかなんかの色違いでしょぼい扱いだったけど、今回は"魔トリョーシカ"なる道具で悪魔召喚を行うダークサマナーとして登場。ヘンな奴なんだろうな〜。

バトルフィールド以外でも仲魔を使役出来るのが今作の魅力ですが、それ以外にも黒猫がついてくるみたいなんですよ。猫好きとしてはものすごい興味があります。
戦闘画面にはケモノばかり表示させたいなあ。ケルベロスを筆頭に、オルトロス、フェンリル、ベルセルク、アヌビス、ギリメカラ、うわ、たまらん。
あとモコイの音(声?)がやばい。ホゲホゲおえへおげー。

しかし!今作の最大の魅力はやはり
"全員もみあげがすごい"
これに尽きるだろう・・・

| 1/1PAGES |